月次報告 2017年9月 熟成本山茶

㈱製茶問屋山梨商店 2017年9月の月次報告です。

静岡本山茶研究会会員により、新茶として手摘み製造された中でも、厳選されたお茶が「茶詰めの儀」により茶壺に収められます。夏の間、冷涼な御茶蔵(駿府城のあった静岡市街から約50km北方、標高約1,167mの大日峠にあります。)で保管、10月22日(日)蔵出しされたお茶は、御茶壺道中行列により久能山東照宮まで運ばれ、本殿(国宝)で「熟成本山茶御茶壷口切りの儀」が行われます。

月次報告170902.PDF

下記にPDFの一部を掲載させていただきます。
全てをご覧になるには、PDFをご覧ください。